【愛車ファイル】アウトビアンキ A112アバルト…小粋な走り、白い殿様バッタ

クルマ好きにとって、愛車とはどういった存在だろうか? 

幾度となく手放そうと思うのに乗り続けてしまう…。カーオーナーのクルマ生活に喜びと発見、そして痛烈な刺激(精神的にも経済的にも)をもたらす、歯がゆいけれど縁を切れない恋人のような存在かもしれない。

本当にクルマを大切にしているカーオーナーに「愛車への想い」と「愛車とのガレージライフ」について語ってもらった。

■愛車情報
車種    :アウトビアンキ
グレード  :A112 ABARTH
色     :白
年式    :1985(昭和60)年式
購入年月  :15年ぐらい前
購入金額  :70万。高級車の消費税…ぐらい
維持費   :乗った分のガソリン代ぐらい
困りごと  :自分でメンテナンスしてきたが、年のせいか面倒になった
今後のプラン:動態保存。これ以上錆ないようにする

◆ 質問 1 )アウトビアンキ A112 ABARTH を「愛車」に選んだ理由は?

近くに何台も有って、レースをしようということになり最初は無料でもらった。

今の車は「ヤフオク」で落札。1985年式を、希少な1983年式に変えてあってまんまとだまされる…。皆に「バッタ物」と言われるが、自分では「殿様バッタ」で通している。

◆ 質問 2 )愛車とのエピソードは?

10年ぐらい所有して、そのあと「美しい女性」に譲ったが4年後にまた手元に戻ってきた。縁があるのか?

◆ 質問 3 )愛車の修理やメンテナンスはどんなショップにお願いしていますか?

趣味の車の修理は、出来るだけ自分でやる。いじりまくって壊したときに、快く引き受けてくれるプロショップを選ぶ。

情報はあふれているので自分の車の勉強として、1分の1のプラモデルだと思って修理すれば出来ると思います。私の場合は、ヤフオクなどで壊れた部品を調達したり、部品取り車両もあります。

▼部品取り用の車両▼

◆ 質問 4 )あなたにとって「愛車」とは?

いつもガレージにある物。

◆ 質問 5 )ガレージで一番気に入っているところは?

和風な内装。

自分で作ったり、壁を塗ったり、友達が手を貸してくれたり。10年ぐらいかけて仕上げました。

◆ 質問 6)ガレージでの過ごし方は?

ガレージに作った自前のBARで、ひとり飲みながら過ごすこと。

たまに独り言をいいながら飲む。たまに愛車をチラっと見る。

◆ 質問 7)今後、ガレージでやりたいことは?

BARで洗い物が出来るように水回りを作りたい。美味しいカクテルの勉強。

<オーナープロフィール>
ニックネーム :カルロうちやま
在住     :南信州
年代・職業  :60代・自営「用務員」

▼これまでの車歴
…etc
ハイラックス
ランドクルーザー80
死んだ爺さんが乗ってたホンダバモス

▼今欲しい車  
Norton Commando961 SE

▼オーナー近影 

<取材協力>
相互車体 & 南信州名車倶楽部
長野県飯田市中村75番地
www.sougo-bp.jp

《カーケアプラス編集部@金武あずみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース