カルマの次世代自動運転EV、エヌビディアのAIプラットフォーム導入へ

カルマオートモーティブ(Karma Automotive)は12月18日、次世代の自動運転EVに、エヌビディアのAI(人工知能)プラットフォームの「NVIDIA DRIVE AGX」を導入すると発表した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『レヴェーロGT』を生産・販売している。

カルマオートモーティブは、次世代の自動運転EV向けに、エヌビディアの「NVIDIA DRIVE AGX Xavier」と「NVIDIA DRIVE AGX Pegasus」の両AIコンピューティングプラットフォームを導入する。

NVIDIA DRIVE AGXプラットフォームの中核になるのは、自動運転用に開発されたプロセッサーの「NVIDIA Xavier」システムオンチップだ。 AI、センサー処理、マッピング、駆動用の冗長で多様なアルゴリズムを実行するために、6種類のプロセッサーが組み込まれている。

高いパフォーマンスを追求したDRIVE AGXプラットフォームは、ディープニューラルネットワークを同時に実行でき、将来の高度な自動運転を安全に実行できるように設計されている、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース