ブリヂストン、わだちでハンドルが取られにくい小型トラック・バス用低燃費タイヤ発売へ

ブリヂストン ECOPIA R214
  • ブリヂストン ECOPIA R214

ブリヂストンは、1~3.5トンクラスの小型トラック・バス用低燃費タイヤ「ECOPIA R214」を2020年2月より発売する。

ECOPIA R214は、同社独自の材料技術「ナノ・プロテック」により開発した「LT専用Ecoコンパウンド」および「エネルギーセービングライン」を従来品より踏襲するだけでなく、路面に接地するトレッド部のベルト構造などを最適化することで、転がり抵抗を従来品比10%低減した。

また、わだち路でハンドルが取られる現象を抑制するために、ショルダー部をラウンド化し、操縦安定性を向上。ウェット性能にもしっかりと配慮し、ドライバーの安全運転をサポートしている。

サイズは185/75R15、195/75R15、195/85R16、205/70R16、205/75R16、205/85R16、205/70R17.5、205/80R17.5の8種類を展開。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース