【トヨタ ヤリス 新型】名前の他に、何が変わったのか まとめ…試乗記や変更点、GRの行方

トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)
  • トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)
  • GRヤリス プロトタイプ

『ヴィッツ』改め『ヤリス』と名を変えたトヨタの主力コンパクトカー。トヨタの新プラットフォームを採用し、全面改良が施された。また、豊田社長肝いりで開発が行われている『ヤリス GR』の発売も決定した。発売の2020年2月を前に、これまでの情報をまとめた。

目次

  1. ヴィッツ改め、2020年2月発売…吉田副社長「既成概念捨て先進安全技術にこだわる」
  2. 走り、乗り心地を左右するボディとシャシー…VWを研究
  3. ダイナミックフォース・エンジンを新開発、搭載
  4. 【試乗】プロトタイプに最速試乗!デザインの攻め具合と「軽さ」を実感…島崎七生人
  5. インテリア…素材と機能の配慮
  6. 【試乗】剛性アップと軽量化でクルマは大きく変わる…九島辰也
  7. トヨタ ヤリス 新型の「GR」、ティザーイメージ[動画]

ヴィッツ改め、2020年2月発売…吉田副社長「既成概念捨て先進安全技術にこだわる」

トヨタ自動車は10月16日、グローバル市場での主力コンパクトカー『ヤリス』の新型車を世界初公開した。2010年末以来の全面改良で、日本市場では名称も『ヴィッツ』からヤリスに改め、20年2月中旬に発売する。

新型はトヨタが15年発売の4代目『プリウス』から採用している開発手法のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)による第4弾のプラットフォーム(車台)で、コンパクトカー向けとなる「GA-B)」を初導入した。併せてエンジンや、トランスミッション、サスペンション、ハイブリッド車(HV)システムなど主要コンポーネントを全て新設計している。

[続きを読む]

ヴィッツ改め、2020年2月発売…吉田副社長「既成概念捨て先進安全技術にこだわる」 画像

吉田守孝副社長(向かって右)と開発責任者の末沢泰謙チーフエンジニア吉田守孝副社長(向かって右)と開発責任者の末沢泰謙チーフエンジニア

走り、乗り心地を左右するボディとシャシー…VWを研究

トヨタ自動車が今年12月に発表予定のBセグメントサブコンパクト、『ヴィッツ』改め『ヤリス』。過去、複数のイベントで予告されていたように、トヨタのクルマづくりの新工法「TNGA」にもとづき、一部のパワートレインを除きほぼ全面新設計。トヨタはこのクラスを世界中に投入しているが、ヤリスは先進国市場にターゲットを絞って開発されたという。

[続きを読む]

走り、乗り心地を左右するボディとシャシー…VWを研究 画像

  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型プラットフォーム
  • トヨタ・ヤリス新型ダブルウィッシュボーンのリヤサスペンション&E-Fourモーター
  • トヨタ・ヤリス新型

ダイナミックフォース・エンジンを新開発、搭載

トヨタ自動車が12月に発表予定のBセグメントサブコンパクト『ヴィッツ』改め『ヤリス』。搭載されるパワーユニットは3機種。うち2つはトヨタの新しいクルマづくりの設計・工法「TNGA」によって生み出された新開発の「ダイナミックフォース」エンジンだ。

新開発ユニットはハイブリッド、および非ハイブリッド中上位グレード用の1.5リットル3気筒。ハイブリッド用はポート噴射、非ハイブリッドは筒内直接噴射の違いがあるが、多くの部品を共通化することでコストを圧縮しているという。シリンダーの内径×行程は80.5×97.5mmと、かなりのロングストローク型。ちなみにこの数値はSUV『RAV4』に積まれる2リットル直4ダイナミックフォースエンジンと同一。1気筒落として3気筒にするというモジュラーユニットであることがうかがえる。

[続きを読む]

ダイナミックフォース・エンジンを新開発、搭載 関連記事

【試乗】プロトタイプに最速試乗!デザインの攻め具合と「軽さ」を実感…島崎七生人

『ヴィッツ』改め『ヤリス』。2020年2月中旬発売予定の同車プロトタイプでサーキットを走る機会が用意されたので、今回はその報告をしておきたい。

試乗車は1.5リットルのハイブリッドのFF(タイヤサイズは14インチと15インチ)とE-Four(4WD)、1.5リットル・ガソリン車のDirect Shift-CVT と6速MTの計5台。従来型にもあった1リットルと、2020年4月発売予定というガソリン車の4WD(1.5リットル)の試乗車は用意されていなかった。

[続きを読む]

【試乗】プロトタイプに最速試乗!デザインの攻め具合と「軽さ」を実感…島崎七生人 画像

トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)

インテリア…素材と機能の配慮

トヨタ自動車が12月に発売を予定しているBセグメントサブコンパクト『ヴィッツ』改め『ヤリス』。インテリアのテーマは「SPORTECH-COCOON」。「スポーツテクノロジーのまゆ」とでも訳せようか。楽しく操る機能部品と心地よい素材感に包まれた空間との対比---と、トヨタは意味づけている。

[続きを読む]

インテリア…素材と機能の配慮 画像

  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型
  • トヨタ・ヤリス新型

【試乗】剛性アップと軽量化でクルマは大きく変わる…九島辰也

『ヤリス』の長所はずばりボディ剛性の高さ。TNGAの第4弾となるGA-Bプラットフォームを使ったことがこのクルマのキャラを決めた。要するにスポーティで扱いやすく仕上がっている。

キャビンは安定し、振動もかなり抑制

具体的にはその恩恵が乗り心地に出ている。というのも、今回はサーキット走行の試乗ではあったが、あらゆるシーンで乗り心地の良さが際立った。ハードブレーキングから高速コーナーまでキャビンは安定し、振動もかなり抑えられている。

[続きを読む]

【試乗】剛性アップと軽量化でクルマは大きく変わる…九島辰也 画像

トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)トヨタ ヤリス 新型(プロトタイプ)

トヨタ ヤリス 新型の「GR」、ティザーイメージ[動画]

トヨタGAZOOレーシングは12月4日、新型『ヤリス』(Toyota Yaris)の「GR」のプロトタイプのティザーイメージを公開した。

新型ヤリスのGRプロトタイプは、10月に発表された新型ヤリスの高性能グレードを示唆したモデルだ。エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」のエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルが、GRとなる。

[続きを読む]

トヨタ ヤリス 新型の「GR」、ティザーイメージ[動画] 関連記事

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ GRヤリス、 東京オートサロン2020で世界初公開へ 画像 トヨタ GRヤリス、 東京オートサロン2020で世界初公開へ
  • 【トヨタ ヤリス 新型試乗】予想通りの強い存在感と頼もしい走り…木下隆之 画像 【トヨタ ヤリス 新型試乗】予想通りの強い存在感と頼もしい走り…木下隆之
  • 【トヨタ ヤリス 新型】名前も中身もすべて一新[詳細画像] 画像 【トヨタ ヤリス 新型】名前も中身もすべて一新[詳細画像]
  • 【日本カーオブザイヤー2019-20】今年の一台は『トヨタ RAV4』に決定! 国産車は3年ぶり 画像 【日本カーオブザイヤー2019-20】今年の一台は『トヨタ RAV4』に決定! 国産車は3年ぶり

特集

おすすめのニュース