プジョー 3008/5008 クリーンディーゼルに特別仕様 人気装備を集約、燃費も向上

プジョー 3008 GTラインBlueHDi(左)と5008 GTラインBlueHDi
  • プジョー 3008 GTラインBlueHDi(左)と5008 GTラインBlueHDi
  • プジョー 3008 GTラインBlueHDi
  • プジョー 5008 GTラインBlueHDi

プジョー・シトロエン・ジャポンは、CセグメントSUV、プジョー『3008』および『5008』に特別仕様車「3008 GTラインBlueHDi/5008 GTラインBlueHDi」を設定し、12月9日より販売を開始した。

3008は都会的な洗練されたスタイリング、パワフルかつ省燃費な走り、各種先進安全装備、乗り心地の良さなどが高い評価を得ている。また5008は3列シート7人乗りSUVとして、世界的にも注目のマーケットにいち早く投入され、人気を博している。

今回導入する特別仕様車は、2.0リットルBlueHDiクリーンターボディーゼルエンジンに、スポーティなGTライントリム、電動シート&ヒーターなどを装備。人気グレードのGT BlueHDiにプラス5万円という買い得感のある価格設定とした。

また、2.0リットルBlueHDiエンジンはソフトウエアのマネジメント変更により燃費を従来の17.8km/リットルから21.2km/リットル(JC08モード)に改善している。

3008 GTラインBlueHDiのボディカラーはアマゾナイトグレー、パールホワイト、マグネティックブルー、ハリケーングレーの4色展開。価格は461万3000円。

5008 GTラインBlueHDiのボディカラーはエメラルドクリスタル、パールホワイト、アルタンスグレー、ビアンカホワイトの4色展開。価格は486万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース