ヤマハのロングセラー『セロー』が生産終了、ファイナルエディション発売

ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション

ヤマハ発動機は、マウンテントレール「セロー」シリーズの国内向け最終モデル『セロー250ファイナルエディション』を2020年1月15日より発売する。

セローシリーズは、「マシンを操る楽しさ」と「より深く自然の中に入り込める機能」を追求した新しいカテゴリーのモデルとして1985年に発売されたロングセラーモデルだ。「二輪二足」をキーワードに、軽量な車体に低シート高、トライアル的な走りも可能にするハンドル切れ角やステップ位置、扱いやすいエンジンなどを採用。その乗りやすさが「マウンテントレール」という独自の世界観を生み、初心者からベテランまで幅広いユーザーから支持されてきた。

セロー250ファイナルエディションは1985年発売の初代モデルを彷彿させる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」の2色を設定し、懐かしさを感じながらも現代風にアレンジされたセローらしいグラフィックを施した。カラーフレームや燃料タンク上の「FINAL EDITION」エンブレムは、歴史あるモデルのファイナルに相応しい上質さや特別感を強調している。

価格は58万8500円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • SR400、セロー250 など、ヤマハ19車種「バイク印鑑」が登場 画像 SR400、セロー250 など、ヤマハ19車種「バイク印鑑」が登場
  • あえて“変わらない”…復活のヤマハ セロー 新型、空冷エンジン正常進化への挑戦 画像 あえて“変わらない”…復活のヤマハ セロー 新型、空冷エンジン正常進化への挑戦
  • 【ヤマハ SR400 試乗】昭和レトロなキックスタートも時代を超えた贅沢だ…青木タカオ 画像 【ヤマハ SR400 試乗】昭和レトロなキックスタートも時代を超えた贅沢だ…青木タカオ
  • ヤマハ「SR400」が10代・20代の若者にもヒット、40年愛され続ける理由とは 画像 ヤマハ「SR400」が10代・20代の若者にもヒット、40年愛され続ける理由とは

特集

おすすめのニュース