トライアンフ タイガー900/スクランブラー1200、映画「007」シリーズ最新作に登場[動画]

トライアンフモーターサイクルズがジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目 「No Time To Die」とEON Productionsとの新たなパートナーシップを締結
  • トライアンフモーターサイクルズがジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目 「No Time To Die」とEON Productionsとの新たなパートナーシップを締結
  • 劇中で使用された新型タイガー900
  • 劇中で使用されたスクランブラー1200XE
  • ジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目「No Time To Die」撮影シーン

映画007シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に、トライアンフ新型『タイガー900』と『スクランブラー1200』が登場する。

トライアンフモーターサイクルズは、ジェームズ・ボンド007シリーズ第25作目「ノー・タイム・トゥ・ダイ」を制作するEONプロダクションズと新たなパートナーシップを締結。トライアンフのデザインワークショップチームは撮影スタントチームと協業し、劇中のアクションシーンに使用する新型『タイガー900』と『スクランブラー1200』を製作した。

ジェームズボンドのスタントコーディネーターのリー・モリソンは「新型タイガー900のプロトタイプを早期に提供してもらい、主要3つのロケーションで撮影を行った。岩かどのごつごつした場所や沼地の泥の中、高速走行、ビッグジャンプから様々な斜面での昇り降りなど、新型タイガー900は難なく撮影をこなし、オンロードでもオフロードでも走行できることを証明したよ」とコメントしている。

ジェームズ・ボンド007シリーズ第25作目『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、2020年4月に全国公開が予定されている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース