VW ID.シリーズ初のSUV、車名は「ID.4X」か

VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)

VWは、11月初旬に電動車ブランド「ID.」シリーズ初となるクロスオーバーSUV『ID.CROZZ』を発表したが、その市販型プロトタイプをこれまでで最もカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えた。

豪雪のフィンランドで捉えたテスト車両は、公開されているプロトタイプにはないオペル風グリルが装備されている。しかしよく見ればステッカーだ。またヘッドライトエクステンションを装着しているほか、バンパー周辺もカモフラージュが施されているものの、エアインテークなどほぼプロトタイプのデザインが採用されていることがわかる。エクステリアで一番違いが見られるのは、テールライトとリアバンパーとなりそうだ。

プラットフォームには、兄弟車『ID.3』同様にVWの「MEB」アーキテクチャを採用、ボディサイズは『ティグアン』と『ティグアン オールスペース』の中間となる、181インチ(4600mm)となり、ID3より大型化されている。

パワートレインは、フロントとリアに電気モーターを配置、「e-AWD」の追加モーターを搭載する予定だ。最高出力はフロントマウントモーターが80kW(110ps)、リアマウントモーターが150kW(204ps)、及び瞬間最大トルク310Nmを発揮するとされている。

バッテリーパックはID.3と共有し、45kWh、58kWh、77kWhのユニットを提供、205マイル(330km)から261マイル(420km)の航続距離を選択することが可能だという。

同社初のEVクロスオーバーの市販型車名は『ID.4』または『ID.4X』が有力とされ、2020年から生産に入る予定だが、2022年からは米国テネシー州のチャタヌーガ工場でも製造スタートする。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • アウディ A3セダン 新型、そのデザインがあらわに…登場は20年4月か 画像 アウディ A3セダン 新型、そのデザインがあらわに…登場は20年4月か
  • ロードスターとアルピーヌ従え…スバル BRZ 謎の開発車両、改良モデルかスペシャル仕様か 画像 ロードスターとアルピーヌ従え…スバル BRZ 謎の開発車両、改良モデルかスペシャル仕様か
  • VW ゴルフGTI 新型、プロトタイプが豪雪に出現…歴代最強の255馬力へ 画像 VW ゴルフGTI 新型、プロトタイプが豪雪に出現…歴代最強の255馬力へ
  • BMW 5シリーズ 改良新型、Mスポーツパッケージを目撃…テールライトが光った 画像 BMW 5シリーズ 改良新型、Mスポーツパッケージを目撃…テールライトが光った
  • ピニンファリーナの電動SUVコンセプト、2020年後半に発表へ 画像 ピニンファリーナの電動SUVコンセプト、2020年後半に発表へ

特集

おすすめのニュース