カワサキ Ninja 1000、強度不足でメインフレーム破損のおそれ リコール

カワサキ Ninja 1000
  • カワサキ Ninja 1000
  • 改善箇所

川崎重工は11月26日、カワサキ『Ninja 1000』のメインフレームに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2019年6月11日~9月5日に製造された220台。

対象車両は、メインフレーム・ステアリングヘッドパイプの鋳造作業が不適切なため、鋳物内部に強度を低下させる空洞が発生しているものがある。そのため、過酷な走行を繰り返すとメインフレームが破損するおそれがある。

改善措置として、全車両、ステアリングヘッドパイプの鋳造ロット番号を確認し、対象ロットの車両はメインフレームを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。社内からの指摘により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【カワサキ KLX230R 試乗】理想の操舵感!誰でもオフロードが楽しめる1台…青木タカオ 画像 【カワサキ KLX230R 試乗】理想の操舵感!誰でもオフロードが楽しめる1台…青木タカオ
  • カワサキ Z1/Z2 開発の大槻幸雄氏ら3名、日本自動車殿堂入り 画像 カワサキ Z1/Z2 開発の大槻幸雄氏ら3名、日本自動車殿堂入り
  • BMWの新2気筒ボクサー搭載カスタムバイク、「コンセプト R18」…ロサンゼルスモーターショー2019に出展へ 画像 BMWの新2気筒ボクサー搭載カスタムバイク、「コンセプト R18」…ロサンゼルスモーターショー2019に出展へ
  • 【浦島ライダーの2輪体験記】新型スズキ カタナ、なかなか高級なバイクです 画像 【浦島ライダーの2輪体験記】新型スズキ カタナ、なかなか高級なバイクです
  • バイク乗りに「バイク保険」は必須---その理由と「自賠責保険」との違い 画像 バイク乗りに「バイク保険」は必須---その理由と「自賠責保険」との違い

特集

おすすめのニュース