【メルセデスベンツ CLA 新型】421psの最強モデル「AMG45S」を追加 856万円より

メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ と同シューティングブレーク
  • メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ と同シューティングブレーク
  • メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+
  • メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ シューティングブレーク
  • メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+
  • メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ シューティングブレーク

メルセデス・ベンツ日本は、『CLAクラス』に高性能グレード『メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+』と『メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ シューティングブレーク』を追加し、11月12日より注文受付を開始した。

パワーユニットは、完全新設計の2.0リットルターボエンジン「M139」を搭載。量産車向け2.0リットル4気筒エンジンとしては世界最高の421ps、最大トルク500Nmを発生する。またトルクカーブは自然吸気エンジンに近い特性で、エモーショナルな加速感を味わえるほか、レスポンスや吹け上がりも改善。レブリミットを7200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みの性能を備える。

ターボチャージャーのコンプレッサーとタービンのシャフトには『AMG GT 4ドアクーペ 63S』同様、ローラーベアリングを採用。機械的摩擦を低減することで、ターボチャージャーのレスポンスが向上。また、電子制御ウエストゲートによって過給圧をより正確かつ柔軟に制御し、クラス最高となる最大過給圧2.1barを実現する。

エクステリアでは、1952年開催の伝説的レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝した「300SL」レーシングカーに由来する、メルセデス最強の証「AMGパナメリカーナグリル」を採用。リアには、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドを備える。またインテリアでは、ナッパレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスステアリング、セミバケットタイプのスポーツシートを装着する。

価格はメルセデスAMG CLA45S 4MATIC+が856万円、メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ シューティングブレークが866万円。納車は12月以降の予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 最強の2Lターボ搭載、メルセデスAMG GLA45 新型は2020年登場へ 画像 最強の2Lターボ搭載、メルセデスAMG GLA45 新型は2020年登場へ
  • アウディ史上最速のホットハッチ「RS3」新型、ライバル AMG A45 超える430馬力へ 画像 アウディ史上最速のホットハッチ「RS3」新型、ライバル AMG A45 超える430馬力へ
  • メルセデスAMG A35 4マチック セダン、予約受注開始 価格638万円 画像 メルセデスAMG A35 4マチック セダン、予約受注開始 価格638万円
  • Aクラス最強ホットハッチ「メルセデスAMG A45S 4マチック+」発表、最高出力421ps 価格790万円 画像 Aクラス最強ホットハッチ「メルセデスAMG A45S 4マチック+」発表、最高出力421ps 価格790万円
  • フェラーリが1000psスーパーPHEV『SF90ストラダーレ』を日本導入 画像 フェラーリが1000psスーパーPHEV『SF90ストラダーレ』を日本導入

特集

おすすめのニュース