OPEN ROAD が痛い、カッコいい…東京モーターショー2019 最後の週末

フェラーリ458スパイダー(東京モーターショー2019)
  • フェラーリ458スパイダー(東京モーターショー2019)
  • フェラーリ458スパイダー(東京モーターショー2019)
  • ダッジ・チャレンジャー(東京モーターショー2019)
  • ダッジ・チャレンジャー(東京モーターショー2019)
  • スバルWRX S4(東京モーターショー2019)
  • スバルWRX S4(東京モーターショー2019)
  • スバルWRX S4(東京モーターショー2019)
  • マツダRX-7(東京モーターショー2019)

会期中最後の週末を迎えた東京モーターショー2019。今回のショーは臨海都心の複数カ所に会場が展開しており、有明地区と青海地区とを結ぶ「OPEN ROAD」(オープンロード)は入場無料の展示スペースだ。東京モーターショーの定番となった痛車はここにある。

痛車メディアの『痛車天国』がホンダ『シビックTYPE R』、マツダ『RX-7』、スバル『WRX S4』、ダッジ『チャレンジャー』、フェラーリ『458スパイダー』を展示している。「痛車はオワコン」という声もささやかれるが、一般的な趣味になったことの裏返しだろう。OPEN ROADには、高性能スポーツカーをベースにした昔ながらの(?)痛車が並んだ。

またヤマハ発動機が『YZF-R25』をベースに「アズールレーン」仕様3台を展示した。これらは普通にカッコいい。

延長約1.5kmの「OPEN ROAD」には、カッコいいモビリティ、かわいいモビリティ、変わったモビリティなど、70台近くの様々な種類のモビリティが展示されている。

東京モーターショー2019は自動車業界だけでなくオールインダストリーで、“未来のモビリティ社会”をプレゼンテーション。臨海副都心エリアを広く活用したショー会場全体の様子を動画で紹介す…

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース