東京モーターショー2019、注目のモデルは市販前提のコンセブトカー

『CARトップ』12月号
発行:交通タイムス社
定価:400円(本体364円+税)

東京モーターショー2019開幕後に発売された『CARトップ』12月号は、表紙に「東京モーターショー2019全開特集」の文字が踊る。もちろん編集・印刷のタイミングがあるので、内容は事前に公開された資料で構成されることになる。

記事を見て東京モーターショーに行きたくなるか、あるいは記事がモーターショーの“ガイドブック”になるか、はたまたならないか。編集者の腕の見せ所だ。

『CARトップ』12月号のモーターショー特集はまず「PART1」で注目のコンセブトモデルに「ズームイン!」。トヨタ『ミライ』コンセプト、スバル『レヴォーグ』次期型、ホンダ『フィット』次期型と、紹介していく。コンセプトモデルといいつつも、市販前提モデルが多いところがミソだ。そして「PART2」は総花的な全メーカー紹介となっている。メリハリのある2部構成にしたことで、内容のあるガイドになった。

巻頭特集は『ヴィッツ』改めトヨタ『ヤリス』新型。新型のVW『ゴルフ』VIIIの情報は速い。

気になる見出し……●ヴィッツ改め新生ヤリス登場●東京モーターショー2019全開特集●120点主義 トヨタ・カローラ/カローラツーリング公道試乗記●第4のコペン来たる●不屈のレーサー 青木拓磨●プロが教える車中泊術●VWゴルフVIII登場!

なお『CARトップ』は消費税増税後も定価据え置き。増税分は本体価格値下げだ。『CARトップ』12月号『CARトップ』12月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース