ランボルギーニ最後のV12エンジン…究極のアヴェンタドール、その名は「SVR」か

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
ランボルギーニは、2019年3月のジュネーブモーターショーにて、『アヴェンタドールSVJロードスター』を発表、これが同社にとって最後のピュアV12気筒と噂されていたが、最終V12モデルが発表される可能性が高いことがわかった。

アヴェンタドールSVJロードスターは、最高出力770psを発揮する6.5リットルV12DOHCを搭載する同社のフラッグシップモデルだ。後継モデルは電動化され、ハイブリッドモデルの可能性が高いと予想されている中、アヴェンタドール最終モデルの情報を入手した。

その車名は『アヴェンタドールSVR』が有力とされている。SVRといえば今では、ジャガー・ランドローバーの最強モデルの称号を思い浮かべるが、かつてランボルギーニにも『ディアブロSVR』や『ミウラSVR』が存在していた。アヴェンタドールSVRはこれらを受け継ぐものとなりそうだ。

予想されるパワートレインは、6.5リットルV型12気筒エンジンで最高出力は驚異の830psを発揮する。これは『アヴェンタドールSVJ』より60ps、同社最新モデル『シアンFKP 37』より11ps高く、最大トルクもSVJの720Nmを大きく超えてくる模様だ。

おそらく、フェラーリ『ラフェラーリ FXXK』、マクラーレン『P1 GTR』、ポルシェ『911 GT2 RS 935』などをライバルとするサーキット専用モデルとなると思われるが、今後ロードカーバージョンへの展開もあるだろう。

ワールドプレミアは2019年内が有力だ。

ランボルギーニ最後のピュアV12...究極のアヴェンタドール、830馬力の「SVR」発表か!?

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ 画像 スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ
  • 3輪スポーツカー「カーメル」最新モデルは、BMW M2 並みの加速性能 画像 3輪スポーツカー「カーメル」最新モデルは、BMW M2 並みの加速性能
  • レクサス LCコンバーチブル、市販モデルをスクープ!価格は1500万円クラスか 画像 レクサス LCコンバーチブル、市販モデルをスクープ!価格は1500万円クラスか

特集

おすすめのニュース