アストンマーティン ヴァンテージ 新型にロードスター、2020年春に設定へ

アストンマーティンは10月7日、新型『ヴァンテージ』にオープン版の『ヴァンテージ・ロードスター』(Astonmartin Vantage Roadster)を、2020年春に設定するとツイッターで発表した。

アストンマーティンは1951年、初代モデル『DB2ヴァンテージ』を発表した。以来、およそ70年の間、世代交代を繰り返しながらも、優れたパフォーマンスを維持してきたアストンマーティンの高性能モデルが、ヴァンテージだ。

新型ヴァンテージは、新世代のスポーツカーとして開発された。環境性能にも配慮したダウンサイズの直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する。最大出力は510ps、最大トルクは69.8kgmを引き出す。トランスミッションはZF製8速ATだ。新型ヴァンテージは、0~96km/h加速3.5秒、最高速314km/hの性能を備えている。

アストンマーティンはこの新型ヴァンテージに、オープン版のヴァンテージ・ロードスターを、2020年春に設定すると発表した。なお、アストンマーティンは新型ヴァンテージ・ロードスターのプロトタイプの画像を1点、公開している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース