ジェイテクト FCV2 で未来のモビリティに触って…東京モーターショー2019展示予定

Future Concept Vehicle 2
  • Future Concept Vehicle 2
  • RAV4 カットモデル
  • ジェイテクト ブースイメージ
  • ジェイテクト ブースイメージ(Out of KidZania in TMS2019)

ジェイテクトは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「Touch the Tech! ~触って欲しい、技術の未来に~」をテーマに、未来のモビリティ社会へ向けた将来技術を提案する。

出展の目玉は、東京モーターショー2017で注目を集めたコンセプトモデル『Future Concept Vehicle(FCV)』の進化版『FCV2』だ。

豊田合成とジェイテクトとが互いの得意とする技術を活かした2030年のコックピットコンセプトを検討。左右独立型のステアバイワイヤなどを搭載した、安全性と快適性を実現する未来のモビリティを提案する。自動運転と手動運転が選択できる未来の自動車社会での「自動運転による快適さ」と「運転する楽しさ」を体感できる。

また、トヨタ『RAV4』新型のカットモデルを展示。新4WDシステム(ダイナミックトルクベクタリングAWDユニット)に採用されている電動アクチュエーター、電子制御4WDシステム(ITCC)をはじめ、大型SUVに最適なラックパラレルタイプ電動パワーステアリング(RP-EPS)、ハブユニット、等速ジョイント、各種ベアリングなど、RAV4の力強い走りを支えるジェイテクト主力製品を一堂に見ることができる。

そのほか、ステアリングシステムをはじめ、駆動部品や自動車用軸受など、軽量化や高効率化により燃費向上や快適な走りを支える技術・製品の数々を紹介する。

また、東京ビッグサイト 青海展示棟で同時開催される子ども向けイベント「Out of KidZania in TMS2019」に自動車部品メーカーとして唯一出展。スケルトンモデルでクルマの安心・安全を守る様々な部品の役割について学び、クルマに欠かせない差動装置(トルセン)を組み立てる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集