ホンダ CRF450L、ホーンが脱落するおそれ リコール

ホンダ CRF450L(2018年)
  • ホンダ CRF450L(2018年)
  • 改善箇所

ホンダは、デュアルスポーツモデル『CRF450L』について、ホーンが脱落するおそれがあるとして、、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2018年8月27日~11月6日に製造された243台。

ホーンを車体に取付けるステーの強度が不足しているため、特定のエンジン回転領域で発生する振動により、ステーに負荷がかかり、亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、破断して、最悪の場合、ホーンが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、ホーンアッセンブリを対策品と交換する。

不具合は7件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集