ホンダ N-BOX、安全運転支援システムの性能向上 快適装備も充実

ホンダ N-BOX・N-BOXカスタム
  • ホンダ N-BOX・N-BOXカスタム
  • ホンダセンシング CMBS 横断自転車検知イメージ
  • ホンダセンシング CMBS 夜間歩行者検知イメージ
  • 本革巻セレクトノブ

ホンダは、軽乗用車『N-BOX』を一部改良、安全運転支援システムの性能を向上させ、10月4日より販売を開始した。

今回のモデルチェンジでは、全車標準装備としている安全運転支援システム「ホンダ センシング」の衝突軽減ブレーキ(CMBS)を横断自転車に対応。また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させた。リアワイドカメラは従来の30万画素から100万画素に画素数を向上。より明確な後方確認が可能となり、安心感を高めている。

また、従来4WD車のみに採用していた「運転席&助手席シートヒーター」、ターボ車のみに採用していた「左右独立式リアセンターアームレスト」を標準装備とし、快適機能を充実。『N-BOXカスタム』(G・Lターボ ホンダセンシング、G・EXターボ ホンダセンシング)には新たに本革巻セレクトノブを採用し、上質感を際立たせている。

価格はN-BOXが141万1300円から192万6100円。N-BOXカスタムは174万6800円から212万9600円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集