トヨタ博物館 クラシックカーフェスティバル、30回記念の特別企画も用意 10月27日

ベイカー・エレクトリック
  • ベイカー・エレクトリック
  • フランクリン・シリーズ9-B
  • スバル360 K111型
  • トヨタ2000GT後期型
  • トヨタ・プリウス
  • レクサスLFAプロトタイプ
  • トヨタAB型フェートン
  • ジャガーXK150S

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、「第30回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を10月27日、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催する。

クラシックカー・フェスティバルは、愛・地球博記念公園をメイン会場に、1989年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードの他、多彩なプログラムを実施。今回は30回目を記念した様々な企画も盛り込んでいる。

公道パレードでは、多くの人に沿道で応援してもらえるようなコースを設定。トヨタ博物館をスタート地点とし、年代順に一般参加車両約150台が長久手市内を愛・地球博記念公園まで走行する。また、パレード後の車両展示では1989年式車の特別展示ゾーンを設ける。

企画展示「時代を駆け抜けたクルマ」では、令和への改元を記念して、明治、大正、昭和、平成の4つの時代に生まれた象徴的なクルマ6台の展示と走行を披露。併せて、今年で30歳を迎えた地元愛知県出身のフィギュアスケーター小塚崇彦さんが特別ゲストとして来場する。

そのほか、トヨタ博物館収蔵車両、一般参加車両など約20台が会場内を走行する「クラシックカーサーキット」や記念乗車撮影、同乗試乗会などを開催する。

車両展示

・ベイカー エレクトリック(明治35年/1902年・アメリカ)
・フランクリン シリーズ 9-B(大正7年/1918年・アメリカ)
・スバル 360 K111型(昭和34年/1959年・日本)
・トヨタ 2000GT[後期型](昭和44年/1969年・日本)
・プリウス(平成9年/1997年・日本)MEGA WEB所蔵
・レクサス LFA[プロトタイプ](平成22年/2010年・日本)

記念乗車撮影

・トヨタ AB型フェートン(1938年・日本)
・ジャガー XK150S(1961年・イギリス)
・MGミジェット タイプTA(1937年・イギリス)

同乗試乗会

・ロールスロイス コーニッシュIII(1991年・イギリス)
・ジープニー(1991年・フィリピン)
・LTI TX1 “ロンドンタクシー"(2001年・イギリス)

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集