【BMW 3シリーズ 新型】まとめ…PHEVやツーリングモデルの日本導入はあるか? ライバル比較や試乗記

BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ
  • BMW 3シリーズ

BMWの主力商品であるスポーツセダン『3シリーズ』。その7代目となる2019年最新モデル「G20」が登場した。先代と比べて大きくサイズが拡大され、新世代のBMWデザインコンセプトや、ジェスチャーや音声による操作が可能となった車載ソフトウェアが採用された。国内では日本専用車となる「320i」をベースに、「Mスポーツ」を含め8グレードが展開されている。PHEVやツーリングモデルなど、今後に期待が高まるBMW 3シリーズの情報をまとめる。

目次

  1. 「320i」は日本専用…市場のニーズが色濃く反映された新型のねらい
  2. 【試乗】“エンジン屋”BMWの真骨頂がここにある…中村孝仁
  3. 【試乗】ボディサイズの拡大も「恐れることはない」…青山尚暉
  4. 3シリーズ、Cクラス、A4を比較試乗! 走りの「らしさ」で選ぶドイツ王道セダン
  5. 新型にPHV、燃費62.5km/リットル…欧州発売へ
  6. 3シリーズツーリング 新型、フランクフルトモーターショー2019に出展へ

「320i」は日本専用…市場のニーズが色濃く反映された新型のねらい

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、第7世代となる新型『3シリーズ』を日本でも発表。3月9日より販売を開始する。発表ベントで明かされた日本市場へのこだわり、日本のユーザーへの思い、そして2019年の新車攻勢について紹介する。

日本市場の意見を多く取り入れた新型3シリーズ

[続きを読む]

「320i」は日本専用…市場のニーズが色濃く反映された新型のねらい 画像

  • BMW 3シリーズ 新型
  • BMW 3シリーズ 新型
  • BMW 3シリーズ 新型
  • BMW 3シリーズ 新型
  • BMW 3シリーズ 新型
  • BMW 3シリーズ 新型

【試乗】“エンジン屋”BMWの真骨頂がここにある…中村孝仁

BMWジャパンはインポーターではない

BMWで『3シリーズ』を担当するブランドマネージャーの御館康成氏が「BMWジャパンはインポーターではなくブランチオフィスです」と、試乗会の説明で話してくれた。それ何?で、試乗前にまずはその点について尋ねてみた。

「インポーターというのは既に生産されたクルマを輸入するだけの業務をすることです。でもブランチオフィスでは開発段階からそこに参画し、市場の要望を取り入れて頂き、市場に合ったクルマ作りまで行う機能を有したところといった意味合いです」との説明。確かに先代では車幅をわざわざ1800mmに削り落としたモデルを作ってきたし、今回の場合は何と日本市場専用のエンジンまで作らせたのだがら、普通のインポーターとはわけが違う。

[続きを読む]

【試乗】“エンジン屋”BMWの真骨頂がここにある…中村孝仁 画像

  • BMW 3シリーズ 新型(330i Mスポーツ)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i Mスポーツ)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i Mスポーツ)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i Mスポーツ)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i Mスポーツ)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i Mスポーツ)

【試乗】ボディサイズの拡大も「恐れることはない」…青山尚暉

ボディサイズの拡大も「恐ることはない」

今では多くの車種バリエーションが揃う中で、今も昔も、もっともBMWらしいスポーツセダンは『3シリーズ』だと思い続けている。自身も80年代にE30型「325i」を所有し、その駆け抜ける歓びを満喫したものだ。

そんなBMW 3シリーズの7代目となるプレミアムスポーツセダン「G20型」がいよいよ日本に上陸した。当初に用意されるのは、BMW本社がいかに日本市場を大切にしているかを示す、現時点で日本専用車(!)となる320i、そのM Sport、そして今回試乗した「330i M Sport」である。日本でもM Sportグレードは大人気で、これまで約55%のユーザーがM Sportを選んでいるという。<img src="https://response.jp/imgs/zoom1/1396936.jpg" class="inbody-img">ボディサイズは拡大されている。全長は+70mmの4715mm。全幅は+25mmの1825mm。そしてホイールベースは+40mmの2850mmとなり、重心は10mm低くなっているという。ついに日本仕様がこだわってきた全幅1800mmを超えてしまったか!という声もありそうだが、アウディ『A4』やトヨタ『カムリ』は1840mm、VW『パサート』が1830mm、メルセデスベンツ『Cクラス』も今や1810mmなのだから、恐れることはない(モニター類、自動バック機能がフォローしてくれるはずだ)。

[続きを読む]

【試乗】ボディサイズの拡大も「恐れることはない」…青山尚暉 画像

  • BMW 3シリーズ 新型(330i M Sport)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i M Sport)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i M Sport)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i M Sport)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i M Sport)
  • BMW 3シリーズ 新型(330i M Sport)

3シリーズ、Cクラス、A4を比較試乗! 走りの「らしさ」で選ぶドイツ王道セダン

クルマ選びの原点に立ち返る

メルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『3シリーズ』、アウディ『A4』といえば、数多ある輸入車のなかでも王道中の王道。しかも、価格やサイズは手頃なのに、上級モデルと共通の装備や技術がぎっしり詰まっているのも、このクラスの特徴だ。

さて、あなただったら、どうやって自分好みの1台を見つけ出すだろうか。「昔から憧れだったあのブランド」「カタログのスペックがいちばん優れている1台」「価格がもっとも安くてコストパフォーマンスに優れたモデル」…。どの方法も間違いではないが、「3台に試乗して、そのなかから自分の好みにぴったりあった1台を選ぶ」のもいいと思う。というか、それこそクルマ選びの本来あるべき姿ではないだろう。そこで今回は、私が3台に試乗しその結果をリポートすることで、皆さんにクルマ選びの疑似体験をしてもらうことにした。

[続きを読む]

3シリーズ、Cクラス、A4を比較試乗! 走りの「らしさ」で選ぶドイツ王道セダン画像

BMW 330i M Sport、Mercedes-Benz C 200 AVANTGARDE、Audi A4 45 TFSI quattro sport(右から)BMW 330i M Sport、Mercedes-Benz C 200 AVANTGARDE、Audi A4 45 TFSI quattro sport(右から)

新型にPHV、燃費62.5km/リットル…欧州発売へ

BMWは、新型『3シリーズセダン』(BMW 3 Series Sedan)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「330eセダン」を欧州市場で発売すると発表した。

BMWは先代3シリーズセダンに、PHVの「330e iパフォーマンス」を用意していた。PHVシステムは、エンジンが2.0リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力184hpを引き出す。これに、最大出力109hpのモーターを組み合わせる。PHVシステム全体では、252hpのパワーと、42.8kgmのトルクを獲得し、0~100km/h加速6.1秒、最高速225km/hの性能を発揮する。EVモードでは、最大でおよそ37kmを、ゼロエミッション走行できる。この効果もあり、欧州複合モード燃費47.6km/リットル、CO2排出量49g/kmの環境性能を達成していた。

[続きを読む]

新型にPHV、燃費62.5km/リットル…欧州発売へ 画像

  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン
  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン
  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン
  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン
  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン
  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン

3シリーズツーリング 新型、フランクフルトモーターショー2019に出展へ

BMWは、9月10日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)に、新型『3シリーズツーリング』(BMW 3 Series Touring)を出展すると発表した。

電動テールゲート標準

新型のボディサイズは、全長4709mm、全幅1827mm、全高1470mm、ホイールベース2851mm。先代比で76mm長く、16mmワイド、8mm背が高い。ホイールベースは41mm延びた。前後重量配分は、50対50を実現している。

[続きを読む]

3シリーズツーリング 新型、フランクフルトモーターショー2019に出展へ 画像

  • BMW 3シリーズ・ツーリング 新型
  • BMW 3シリーズ・ツーリング 新型
  • BMW 3シリーズ・ツーリング 新型
  • BMW 3シリーズ・ツーリング 新型
  • BMW 3シリーズ・ツーリング 新型
  • BMW 3シリーズ・ツーリング 新型
《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

特集