カーナビタイムのドラレコ機能、Apple CarPlay に対応 インカメラでの車内撮影も可能

ナビタイムジャパンは、同社が提供するカーナビアプリケーション「カーナビタイム」のドライブレコーダー機能が9月12日よりApple CarPlayに対応したと発表した。

今回の対応により、Apple CarPlayにナビゲーション画面を表示しながら、ダッシュボード上などに設置したiPhoneの画面にドライブレコーダーの映像表示・録画を実現。カーナビタイムアプリひとつで、カーナビゲーションとドライブレコーダーの2つの機能を同時に利用できる。

また、あわせて、インカメラでの撮影にも対応。ドライブレコーダーの撮影中に、切り替えボタンをタップすると、カメラがインカメラに切り替わり、車内も撮影できるようになる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • Apple「iOS 13」発表、CarPlay が進化…過去最大のアップデート 画像 Apple「iOS 13」発表、CarPlay が進化…過去最大のアップデート
  • カーナビタイム、Apple CarPlay向け新機能に対応 複雑な交差点などで案内画像を表示 画像 カーナビタイム、Apple CarPlay向け新機能に対応 複雑な交差点などで案内画像を表示
  • パイオニア、Apple CarPlay、Android Auto対応ディスプレイオーディオの入門モデルを発売へ 画像 パイオニア、Apple CarPlay、Android Auto対応ディスプレイオーディオの入門モデルを発売へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース