【日産 スカイライン 新型】1か月半で1760台超を受注 販売計画の9倍

日産自動車は、新型『スカイライン』の受注状況について、7月16日の発表から約1か月半で、販売計画の約9倍近い1760台を突破したと発表した。

新型スカイラインの受注実績は、グレード別では、「プロパイロット2.0」を搭載したハイブリッドモデルが48%、ターボエンジンモデルが52%、そのターボの中でも「400R」が半分を占める。注目度の高いハイブリッドモデルのほか、400Rについても、計画に対して想定以上の人気の高さとなっている。平均年齢が50代後半となるセダン市場だが、400Rは40代以下の購入客が3割近く占め、若いユーザーが多いことが特徴だ。

ボディーカラー別では、ブリリアントホワイトパールが40%で最多。次世代の専用車載通信ユニットにより多彩なサービスを提供するNissanConnectサービスも好評を得ている。

新型スカイラインは、9月17日に全国一斉発売となる。

あおり運転に備えたドライブレコーダーに不具合!? 夏の過酷な環境でSDカードが…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース