日産、アトラス ディーゼル 1.55t を発売 いすゞより小型トラックをOEM供給

日産自動車は8月29日、小型トラック『アトラス・ディーゼル(1.55t)』を全国一斉に発売すると発表した。

日産自動車は2019年6月、いすゞ自動車と新たな小型トラックのOEM供給で合意。今回、いすゞから小型トラック『エルフ』の1.5トン積クラスの供給を受け、アトラス・ディーゼル(1.55t)として販売する。

アトラス・ディーゼル(1.55t)は、新開発の3.0リットル4JZ1-TCSエンジン(150ps)を搭載。DPF+尿素SCRを排出ガス後処理装置に採用し、2019年9月1日以降に適応開始される「平成28年排出ガス規制(PPNLT=ポスト・ポスト新長期規制)」に全車対応するとともに、平成27年燃費基準「+10%」を達成。これにより、九都県市指定低公害車(平成21年基準)「超」低公害車に指定されている。

加えて、「インテリジェント・エマージェンシーブレーキ」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」、「LDW(車線逸脱警報)」を含む先進安全装備をフルスーパーロー全車に標準装備。これら先進安全装備装着車は、ASV減税の対象となる。

トランスミッションは、AT限定免許に対応したシーケンシャルマニュアルトランスミッション(2WD:6速AMT、 4WD:5速AMT)を設定。2速発進を採用することにより、発進時の荷崩れを発生しにくくしている。また、高い信頼性・耐久性を持った5MTも全車に用意する。

グレードは、ベーシックな「DX」と上級仕様の「カスタム」を用意。また、2WD/4WD、シングルキャブ/ダブルキャブなどの選択も可能とし、豊富なバリエーションを設定した。

価格は358万7760円から487万9440円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース