VW、シューティングブレーク市場に参入へ…ドイツ工場で生産予定

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は8月28日、ドイツ・エムデン工場において、新型シューティングブレークを生産する計画を発表した。

シューティングブレークは、ステーションワゴンの1種類だ。「シューティング」は狩猟を意味する。積載量は重視されておらず、猟犬と獲物を乗せるのに充分な容量の荷室を持ち、上質なインテリアを備えた軽快なステーションワゴンだ。

現在、シューティングブレークは、メルセデスベンツが『CLAシューティングブレーク』を設定している。4ドアクーペの『CLAクーペ』同様、流麗なデザインが特長となる。

フォルクスワーゲンも、このシューティングブレーク市場に参入する計画だ。ドイツ・エムデン工場では大規模な改修を予定しており、新たに建設される新工場では2021年内をメドに、「MEB」をベースにした新型EVの生産を開始する。その一方、既存工場では、現在組み立てている『アルテオン』と『パサート』に追加する形で、新型シューティングブレークを生産する、としている。

なお、フォルクスワーゲンの新型シューティングブレークは、アルテオンがベースになるとの情報がある。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース