二輪車教習にウェアラブルトランシーバーを活用

従来の無線教習イメージ(実際はヘルメット着用)
  • 従来の無線教習イメージ(実際はヘルメット着用)
  • BONX GRIPを使用した無線教習イメージ(実際はヘルメット着用)
  • BONX GRIP
  • BONX GRIPの装着例

京浜急行電鉄グループおよび臨港バスグループの鴨居自動車学校は、8月17日からウェアラブルトランシーバー『BONX GRIP』を教習指導員と教習生との間のコミュニケーション手段として使用した二輪車教習を開始した。

BONX GRIPはBONXが開発したもので、クラウドファンディングを2015年10月から実施し、開始5日で750万円を調達、最終総額は2500万円を突破した。

デジタルノイズキャンセリングと音質チューニングなどハードとソフト両面で風切音対策を施し、快適に会話できる音質を確保する。二輪車教習に使用するのは日本初という。

教習所には、Wi-Fi設備を新設し、通信品質の向上も図った。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 東本昌平のイラストが教習所の壁一面に…休憩室は「疾走空間」 画像 東本昌平のイラストが教習所の壁一面に…休憩室は「疾走空間」
  • 京急、オープンイノベーション拠点を開設…次世代の交通インフラの構築目指す 画像 京急、オープンイノベーション拠点を開設…次世代の交通インフラの構築目指す
  • 京急電鉄、スタートアップ企業5社と地域連携型MaaSの実現に向けて実証実験 画像 京急電鉄、スタートアップ企業5社と地域連携型MaaSの実現に向けて実証実験
  • 新型マツダ教習車発表、SKYACTIVテクノロジー搭載で理想を追求 画像 新型マツダ教習車発表、SKYACTIVテクノロジー搭載で理想を追求

特集

おすすめのニュース