ZMP、中国バスメーカーANKAI社と戦略的提携 自動運転MaaSの実用化を支援

RoboCar Mini EV Busベースの自動運転小型バス
  • RoboCar Mini EV Busベースの自動運転小型バス

ZMPは7月22日、自動運転技術を用いた人・荷物の輸送の実現に向けて、中国バス車両メーカー ANHUI ANKAI AUTOMOBILE社と戦略的提携を結んだと発表した。

ZMPはすでに同社の小型EVバスをベースとした「RoboCar Mini EV Bus」を開発済みで、国土交通省航空局による「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」の一環として、今年3月に中部国際空港で実施した自動運転の実証実験に活用している。

ANKAIは、中国安徽省合肥市を拠点に、バスの年間生産数2万台、従業員4000人のバス専業メーカーで、2004年からEVバスの開発にも着手。ANKAIのバスメーカーとしての技術・経験・知見と、ZMPの自動運転の技術・経験・知見を融合することで、輸送サービスの自動運転・MaaSサービス開発のプラットフォームRoboCarとしての自動運転バスの提供が可能となった。

ZMPは自動運転バスを活用して、工場敷地内の巡回バス、空港でのランプバス、テーマパーク内バス、リゾート地区での移動バスなど、まずは私有地での自動運転MaaSの実用化等を目指したプロジェクトを中心に支援サービスを提供。人員輸送や荷物輸送のサービスの実現を目指す事業者へ、ZMPが多くの自動運転開発・実装プロジェクトで蓄積してきたノウハウを基に、社会実装にむけたサービス構築を支援する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集