ひとり旅の決定版リンエイ「マイクロバカンチェス」…東京キャンピングカーショー2019

ひとり旅・ふたり旅に特化した軽キャンパー「マイクロバカンチェス」
  • ひとり旅・ふたり旅に特化した軽キャンパー「マイクロバカンチェス」
  • 様々な趣味をするための道具としてのキャンピングカを提案している。
  • 見た目より内容を重視しているというだけあって、装備レベルはかなり充実している。
  • リタイアされた人など、ひとり旅を楽しまれるユーザー少なくないという。
  • マイクロバカンチェスで魅力的なのは、しっかりとアシを下ろして使用できるテーブルが備わること。
  • サイズも小ぶりだが、十分なサイズ。腰を下ろして180センチの筆者、頭上にも窮屈さはあまり感じなかった。
  • テーブルに限らず、標準装備の充実ぶりもマイクロバカンチェスの魅力だ。
  • その他にもm寝るとき程度しか使わないスペースの高めの位置には棚も設けられていた。こうした点も、あるとないとは大違いだ。

東京キャンピングカーショー2019、リンエイプロジェクトブースでは様々なモデルの中でも、ひとり旅・ふたり旅にで割り切ってパッケージした軽キャンパー『マイクロバカンチェス』が注目を集めていた。

リンエイプロジェクトはシンプルな構成ながら、使いやすい充実の内容を、比較的リーズナブルな価格にまとめ上げたモデルをラインナップしており、ユーザーはあまり比較対象を設けず、指名買いするケースが多いという。そんな中、力を入れるのが、ひとり旅、ふたり旅に特化して、装備レベルは維持しながらも機能的で、価格を抑えたシリーズだ。

軽自動車から、『NV200バネット』、『ライトエース』といった比較的コンパクトなクルマをベースまとめ上げるこの仕様。「リタイアされて、お子さんの手も離れたので、おひとりで気ままに、あるいは奥様と2人でという形で、割り切ったキャンピングカー選びをされるお客様に人気があります」とリンエイでは話す。

一般的に軽自動車ベースというと、足を下ろして食事や作業、仕事ができるテーブルを装備したモデルは非常に少ない。しかしこのマイクロバカンチェスは、後席に小ぶりながら、シートに腰かけつつ足を下ろして使用可能なテーブルが、ノーマルボディの中に作りこまれているのだ。頭上スペースはそれほど窮屈ではなく、実用に足りるようにパッケージされている。

「軽自動車だからと言っても190センチのベッド長が確保されていますよ」とリンエイプロジェクトの担当者は話していた。190センチというと専用窓などを設けた、ハイエースベースのかなり高級なモデルのベッドの全長に匹敵する長さ。就寝定員や乗車定員を割り切ることで生まれたゆとりで他の軽キャンパーとも一線を画す一台と言えそうだ。

その他、走行充電サブバッテリー、LED照明、リア大型テレビ、2000Wの正弦波インバーター、シングルソーラーシステム、冷凍冷蔵庫は40リットルと大容量のものを装備し、省エネ型電子レンジまでも標準装備される。こうした内容で200万円強でチョイスできるということで来場者の注目を集めていた。

《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集