【トヨタ APM】東京オリンピック専用の短距離・低速型EV---ラストワンマイル

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM」。車両は開発中のもの。
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM」。車両は開発中のもの。
  • トヨタAPM
  • トヨタAPM
  • トヨタAPM
  • トヨタAPM
  • トヨタAPM
  • トヨタAPM
  • トヨタAPM

トヨタ自動車は7月18日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をサポートする専用モビリティ「APM(Accessible People Mover)」を開発したと発表した。

トヨタは、大会を通じ、「すべての人に移動の自由を(Mobility for All)」提供することにチャレンジしており、APMはこのコンセプトを最大限に織り込んで開発した。車体サイズは全長約3.9×全幅約1.6×全高約2.0メートル。広大な会場敷地内での来場者・関係者輸送に適した短距離・低速型EVとなっている。3列シートで、1列目が運転席、2列目が3人掛け、3列目が2人掛けの計6人定員。車いす利用時には、2列目を折り畳むこともできる。

運転席のシートポジションは高い位置かつセンターに設け、運転手が乗客を見渡し、乗り降りをサポートしやすくした。乗客席は両側からアクセスでき、両サイドの乗り降り補助バーを設置。車いす用のスロープや車いす固定用のベルトも搭載し、車いすの人を含めた乗り降りのしやすさを考慮した。

大会期間中は、関係者や選手のほか、高齢者、障がい者、妊娠中や乳幼児連れの顧客など、アクセシビリティに配慮が必要な様々な来場者に対し、APMでラストワンマイルのソリューションを提供。広い競技会場で、会場ゲートと観客席至近とを結ぶ。より多くの人が快適に競技会場に足を運べるよう支援する。

また、一部車両は「救護仕様」とする予定。基本モデルをベースにしつつ、2列目、3列目の半面にストレッチャーがそのまま搭載できるほか、救護が必要な人をより安定した状態で搬送できるよう、ストレッチャーの固定台を搭載。ストレッチャーの横には、救護スタッフ2名分の座席も確保する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集