「ベイビー8シリーズ」BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプを捕捉

BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWの次期型『4シリーズクーペ』プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。カブリオレの開発車両が先行して目撃されていたが、クーペはこれが初めてだ。

4シリーズクーペは、『3シリーズクーペ』の後継モデルとして2013年に登場。翌年には、最強モデル『M4クーペ』やオープンモデル「4シリーズカブリオレ/M4カブリオレ」を発売、さらに『6シリーズグランクーペ』に続く2台目の4ドアクーペ『4シリーズグランクーペ』が誕生し、現在に至る。

キャリアカーで輸送中のプロトタイプは、薄く切れ長のヘッドライト、これまで見たことがないテールライト・グラフィックの一部など、早くも市販型パーツが装着されていることがわかる。また、3分割されたアグレッシブなフロントエアインテーク、ルーフエンドからトランクリッドまで流れる流麗なフォルムは、まさに「ベイビー8シリーズ」と言えそうだ。

キャビン内の画像はカブリオレのスパイショットだが、ワイドな高精度ディスプレイをセンターに配置し、デジタルクラスタ、スポーティな3スポーク・ステアリングホイールを装備し、3シリーズに似たレイアウトが見てとれる。

パワートレインも3シリーズと共有し、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ、最高出力258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ、最高出力388ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンをラインアップするほか、遅れてプラグインハイブリッドも用意する。

頂点には最高出力510ps、最大トルク598Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジン搭載、M4クーペの設定も濃厚だ。

ワールドプレミアは最速で2019年内、遅れれば2020年前半となりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集