【F1 イギリスGP】フリー走行2はメルセデスがワンツー、ボッタスがトップタイム

F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP
  • F1イギリスGP

F1第10戦イギリスGPが12日、シルバーストンサーキットでスタート。フリー走行2回目はバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が2番手で、メルセデスがワンツーで初日を締めくくった。

フリー走行1回目は、前戦オーストリアGPでメルセデスの連勝をストップさせたレッドブル・ホンダが好調で、ピエール・ガスリーが1分27秒173でトップ、前戦優勝のマックス・フェルスタッペンが3番手と快調な滑り出しを見せた。しかしフリー走行2回目はメルセデスが一気にタイムを短縮。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分26秒732のトップタイムを記録し、0.07秒遅れでルイス・ハミルトン(メルセデス)が2番手と強いメルセデスが復活。初日をワンツーで締めくくった。

シャルル・ルクレール、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢が3-4番手。ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が5番手。そして好調マクラーレンのルーキー、ランド・ノリスが6番手タイムを記録した。

ホンダ勢はフェルスタッペンが7番手、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)が9番手、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)が11番手だったが、トップから17番手のアントニオ・ジョビナッツィまで1.5秒と僅差。特に、8番手のカルロス・サインツ(マクラーレン)からジョビナッツィまでの10台は0.3秒しか開いておらず、予選トップ10進出をかけたQ2は大混戦となりそうだ。

F1イギリスGP フリー走行2回目結果
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分26秒732
2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分26秒801
3. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分26秒929
4. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分27秒180
5. ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)/1分27秒249
6. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分27秒546
7. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分27秒562
8. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分27秒987
9. アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)/1分27秒997
10. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分28秒002
11. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分28秒008
12. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分28秒059
13. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分28秒126
14. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分28秒128
15. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分28秒217
16. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分28秒240
17. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/1分28秒294
18. ロマン・グロージャン(ハース)/1分28秒794
19. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/1分29秒935
20. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分30秒514

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集