メルセデスベンツ GLB に早くも高性能モデル…「AMG 35」がニュルでテスト開始

メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLB AMG 35 スクープ写真

メルセデスベンツは、新型コンパクトSUV『GLB』を発表したばかりだが、その高性能モデル『AMG GLB 35』プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストをおこなう様子をカメラが捉えた。

フロントエンドはカモフラージュされているが、明らかに大きなコーナーエアインテークが見てとれる。さらにクロスドリル・ブレーキディスク、ツインエキゾーストパイプを装備していることからAMGモデルであることは間違いない。

米国で公開されたばかりの「GLB」は、最高出力161psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジン、最高出力188psと221psを発揮する2リット直列4気筒ガソリン&ディーゼルエンジンを搭載するが、「AMG GLB 35」では、最高出力302ps、最大トルク400Nmを発揮する「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載するはずだ。

0-100km/h加速は5秒、最高速度は250km/hに電子制御されるが、ベースモデルより性能が格段と向上するとみられる。また上位モデルとなる『AMG GLB 45』は最高出力383ps、ハイエンドモデルの『AMG GLB 45S』は416psと予想される。

AMG GLBシリーズの先陣を切る「35」のワールドプレミアは、2019年内が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集