プジョー 508SW 新型発売、最新「i-Cockpit」採用 価格442万円より

プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW
  • プジョー508SW

プジョー・シトロエン・ジャポンは6月27日、プジョーのフラッグシップ『508』のステーションワゴンバージョン『508 SW』新型を発売した。

今年3月に国内デビューした新型508が4ドアファストバックという大胆なスタイルになったのと同様に、508 SWもまた、ステーションワゴンの概念を打ち破るエクステリアとなった。エレガントに下降するルーフラインとボンネット左右から始まるダイナミックなプレスラインが、それぞれ伸びやかにテールゲートへと進み、スマートかつ滑らかなスタイルを産み出している。

新型508 SWは、リアオーバーハングを4cm延長し、さらに伸びやかなSWならではのデザイン性とユーティリティを追加。SW化によって2列目シートのヘッドクリアランスはファストバックにくらべ約4cmのゆとりが生まれ、ロー&ワイドなスタイリングとしつつ優れた後席の居住性を高めた。また、ラゲッジスペースは530リットル、後席をたたんだ場合は1780リットルという大容量を確保した。

インテリアには進化した最新「i-Cockpit」を採用し、ドライビングのための空間としてのデザインや入念に選択されたマテリアルなど、上質な室内空間を演出。またi-Cockpitは、レーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロール、ナイトビジョンに第2世代アクティブセーフティブレーキといった各先進機能の操作も司る。

車体は、電動化も見据えたPSAグループの主力プラットフォーム「EMP2」にアクティブサスペンションとリアマルチリンクサスペンションを組み合わせた。プジョーらしい、しなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリング、静粛性を兼ね備えたライドフィールを実現する。

ユーティリティでは、専用装備として、ラゲッジフックレール、セパレーションネット(ドッグネット:GTライン、GTに装備)、ステンレスシルプロテクター、トノカバー、ルーフレールなどを装備。また、リアシートのワンタッチフラット機能と電動テールゲート(GTライン、GT)はファストバックと共通の仕様となっている。

パワートレーンはファストバック同様、最高出力177psと400Nmの最大トルクを発生する2.0リットルクリーンターボディーゼルまたは同180psのダウンサイジング1.6リットルターボガソリンエンジンと8速オートマチック「EAT8」の組み合わせ。ボディカラーは新色のアマゾナイトグレー、アルティメットレッド、パールホワイト、ダークブルー、ハリケーングレー、ペルラネラブラック、セレベスブルーの全7色を用意する。

価格はガソリンターボ搭載の「アリュール」が442万円、「GTライン」が484万円、クリーンディーゼル搭載の「GT BlueHDi」が517万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集