【レクサス UX250h 新型試乗】この取り回しのしやすさは満足感高し、である…岩貞るみこ

レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h
  • レクサス UX250h

レクサス・ブランドと聞くと、大きくて立派というイメージが刷り込まれている。ゆえに『UX』も、大きさときらびやかさでぐいぐい押してきてマウンティングされるんじゃないかと、不安まんまんで対峙したものの、あら、コンパクト。

全高1540mmとほどよい高さもそうなのだが、それより意外なのは、全長4495mmの全長だ。駐車場に止めると、拍子抜けするくらい小さい。身構えていた自分は、いったいなんだったのだ。

最低地上高(地面からクルマの腹部分)は、1600mmというから、SUV風とはいえ、がんがん悪路を走り回るのではなく、シティユースを狙ったもの。確かに、このフロントグリル(真正面の黒いアミアミのところ)に泥がはさまったら洗車しにくそうだもんね。


ほどよい高さでするりと乗り込める運転席に座ると、眼前に広がるのは、質感ばっちりな空間。ハンドルのつかみ心地とか、シートの座り心地とか、スイッチまわりの雰囲気とか、上質で気分が落ち着く。クルマにおもてなしを受けているようである。

ただ、カーナビがね。このところ指先の反射神経がにぶってきた私としてはね、いまひとつうまく使いこなせなくて、レクサスはこうした操作系、もう少し気を使って機能デザインして欲しいと願うばかりである。

試乗したハイブリッドは、燃費はいいし、走り出しがなめらかでするりと走れる。なによりこのサイズ感。本当に使いやすい。フロントグリルの黒くて大きくて迫力満点のアミアミ部分のデザインを、繊細な女性がどう受け止めるかはともかく、この取り回しのしやすさは満足感高し、なのである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、ノンフィクション作家として子どもたちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。コラム『岩貞るみこの人道車医』を連載中。

《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集