ロータス、初のEVハイパーカー『タイプ130』を計画…上海モーターショー2019

ロータス・タイプ130のティザースケッチ
  • ロータス・タイプ130のティザースケッチ

ロータスカーズは4月16日、中国で開幕した上海モーターショー2019において、初のEVハイパーカー、『タイプ130』(Lotus Type 130)の開発計画を発表した。

ロータスカーズは2008年、ミッドシップの2+2スポーツカー、『エヴォーラ』を発表した。このエヴォーラ以来、完全新規のスポーツカーは発表されていない。上海モーターショー2019で開発計画が公表されたタイプ130は、ロータスカーズにとって、エヴォーラ以来、11年ぶりの新型車となる。

ロータスカーズは、車名に「タイプ」を冠した過去のモデルに、画期的な技術を搭載してきた。例えば、1957年に発表された『エリート』(「タイプ14」)は、コンポジットモノコックを採用した世界初の量産車だった。また、1963年に発表されたF1マシン「タイプ25」は、世界初のモノコック構造のF1マシンで、ロータスにF1初勝利をもたらした。

なお、ロータスカーズ、そして英国初のEVハイパーカーのタイプ130に関しては、2019年後半にその詳細が明らかにされる予定だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ピニンファリーナのEVハイパーカー『バッティスタ』、加速はF1を凌ぐ…ジュネーブモーターショー2019 画像 ピニンファリーナのEVハイパーカー『バッティスタ』、加速はF1を凌ぐ…ジュネーブモーターショー2019
  • 1914馬力のEVハイパーカー、リマックが量産プロトタイプ…ジュネーブモーターショー2019 画像 1914馬力のEVハイパーカー、リマックが量産プロトタイプ…ジュネーブモーターショー2019
  • タジマEVのハイパーEVは6輪、2020馬力、0-100km/hが1.95秒…2019年8月に現物発表 画像 タジマEVのハイパーEVは6輪、2020馬力、0-100km/hが1.95秒…2019年8月に現物発表
  • 24個のモーターで5221hp、最高速488km/h以上…EVハイパーカー『ARCANUM』 画像 24個のモーターで5221hp、最高速488km/h以上…EVハイパーカー『ARCANUM』

特集