ランボルギーニの元祖SUV「LM002」復活へ?CEOは「検討中」

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ LM002
  • ランボルギーニ LM002
  • ランボルギーニ LM002
  • ランボルギーニ LM002
  • ランボルギーニ LM002
  • ランボルギーニ LM002
ランボルギーニのCEO、ステファノ・ドメ二カリ氏は、米「Motor Trend」誌のインタビューで、ハードコアオフローダー『LM 002』の後継モデルを検討していると語った。

「LM 002」は、1986年から1993年に製造されていた本格4WDオフローダーで、5.2リットルと5.7リットルのV型12気筒エンジンを搭載。最高出力は450psを発揮した。同ブランドでは、2018年にスーパーSUV『ウルス』を発売しており、加熱するクロスオーバーSUV市場において、今後はウルス1車種で勝負していくと見られていた。ドメニカリ氏によると、「ウルスはオンロードにおける快適さに重点を置いており、「LM 002」の後継モデルではない」と語っており、よりハードなオフローダーを検討する可能性があるという。

また昨年から市場において、復活待望論が高まっているのも事実だ。これは「ウルス」発売により、かねてからの「LM 002」ファンの心に火がついた可能性がある。

現段階でパワートレインなどの情報はないが、「ウルス」にハイブリッドモデルが設定されるのは間違いなく、「LM 002」はV型8気筒以上の内燃機関モデルのみ設定される可能性が高いのではないだろうか。

ランボルギーニ、野獣オフローダー「LM002」復活を検討中!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集