ダンロップ、ライディングスタイルにあった各種タイヤを提案へ…大阪・東京モーターサイクルショー2019

住友ゴム ブースイメージ
  • 住友ゴム ブースイメージ
  • 東京ビッグサイト

住友ゴム工業は、大阪モーターサイクルショー2019(3月15~17日:インテックス大阪)と、東京モーターサイクルショー2019(3月22~24日:東京ビッグサイト)にダンロップ・ブースを出展する。

今年のダンロップ・ブースでは、「MORE THAN NOW今よりもっと」をコンセプトに、多様なライディングスタイルに合ったタイヤを選ぶことで、「今よりもっと」豊かで楽しいバイクライフを提案する。

ブースでは、米国拠点で開発したハイパースポーツラジアルタイヤ「SPORTMAX Q4」Moto2参戦車両、ネオクラシックタイヤ「TT100GPラジアル」を履くカワサキ『Z900RS』を展示。そのほか、アドベンチャータイヤ「TRAILMAX MIXTOUR」を装着するホンダ『CRF1000Lアフリカツイン』、エンデューロ競技専用タイヤ「GEOMAX ENDURO EN91」を履くヤマハ『YZ450FX』を展示し、オンロードからオフロードまであらゆる場面で走る楽しさを発信する。また、自分のバイクに合ったタイヤを相談できる窓口カウンターや、SNS向けのアニメーション動画を撮影できるフォトスポットを設ける。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集