ヤマハ発動機、スマートな農薬散布や施肥管理実現へ エキスパート企業3社と連携

Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)のサービス全体イメージ
  • Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)のサービス全体イメージ
  • ヤマハ発動機 YMR-08
  • ヤマハ発動機 YMR-08
  • 向かって左からトプコン、スマートインフラ事業部国内IT農業推進部の吉田剛部長、ヤマハ発動機、ソリューション事業部UMS統括部中村克統括部長、国際航業、営農支援サービス「天晴れ」チーム鎌形哲稔チームリーダー、ウォーターセル、長井啓友代表取締役

ヤマハ発動機は3月8日、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリによる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやPC端末で行えるソフトウェアサービス「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)」の提供開始に向けて、観測・解析などのエキスパート企業3社と協業を開始すると発表した。

YSAPは、防除・追肥作業計画の管理、作業履歴や作業中の機体の飛行位置情報などを、操作性に優れた画面で簡単に管理できる。同サービスは、YMR-08や産業用無人ヘリコプターなどとともに使用することで、高効率・高精度な防除・追肥作業や散布作業のデータを管理し、散布作業の価値や効率を高めることができる。

ヤマハ発動機はYSAPの実証実験開始にあたり、衛星画像解析による営農の生産性向上サービス「天晴れ(あっぱれ)」を提供する国際航業、可変追肥システムの運用に不可欠なレーザー式育成センサー「Crop Spec」を提供するトプコン、一連の農作業の工程データを一元管理できる農業支援システム「アグリノート」を提供するウォーターセルとの協業を開始。観測・解析などのエキスパート企業と連携を図ることで、散布用無人ヘリやドローンの付加価値を高め、散布作業の効率化・高精度化を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集