ルマン優勝の「チームゴウ」、マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパンとして今季のGT300やS耐に参戦

1996年の全日本GT選手権参戦時を彷彿とさせるところもある、今回発表のマシンカラーイメージ。
  • 1996年の全日本GT選手権参戦時を彷彿とさせるところもある、今回発表のマシンカラーイメージ。
  • 1996年の全日本GT選手権参戦時を彷彿とさせるところもある、今回発表のマシンカラーイメージ。

1月30日、株式会社チームゴウモータースポーツが2019年のSUPER GT/GT300、スーパー耐久、鈴鹿10時間耐久レースへの参戦を表明した。参戦マシンはマクラーレン「720S GT3」で、エントラント名は「マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパン」。

チームゴウ(TEAM GOH、チーム郷)といえば、日本のモータースポーツ界においては国内外での伝説的覇業とともに知られる“名跡”である。1996年に「チーム・ラーク・マクラーレン」として当時の全日本GT選手権(現SUPER GT)にマクラーレン「F1 GTR」で参戦すると、シーズンを席巻、GT500クラスのドライバー&チーム2冠タイトルを獲得した。そして2004年にはアウディ「R8」でルマン24時間レース総合優勝を達成、これは日本のプライベートチームとしてはこれまで唯一の事例とされている偉業だ。

2019年、株式会社チームゴウモータースポーツはマクラーレンと久々にタッグを組み、マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパンのエントラント名のもと、マクラーレン720S GT3でSUPER GTシリーズのGT300クラス、スーパー耐久シリーズ(S耐)、鈴鹿10時間耐久レース(鈴鹿10H)に参戦する。GT300とS耐のドライバーは下記の通り。

GT300:荒聖治&アレックス・パロウ
S耐:アレックス・パロウ&阪口晴南&木下隆之

荒はチームゴウが2004年にルマンで優勝した時のドライバーのひとり。パロウは今季、ナカジマレーシングからのスーパーフォーミュラ参戦が決まっている気鋭の若手だ。GT300は荒とパロウのコンビで戦い、S耐にはパロウと日本の若手気鋭・阪口、そして大ベテラン・木下という布陣で臨む。また、2台体制となる鈴鹿10Hのドライバーは追って発表される。

GT300クラスのタイヤはヨコハマ、S耐と鈴鹿10Hではピレリを履く。マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパンの代表は島信之、監督は岡澤優、エンジニアは土沼広芳の各氏。ちなみに土沼氏は日本レース界きっての名エンジニア、名将のひとりとして知られ、96年のチーム・ラーク・マクラーレン陣営の成功にも貢献した人物である。

チームは今回の発表において、「私ども株式会社チームゴウモータースポーツには、かつて『チームゴウ』として果たした2004年ルマン24時間レース総合優勝など、レースと勝利に対する『情熱』が受け継がれています。ドライバーやスタッフはもちろん、多くの経験と若く新しい力の融合をもって、再び国際的なレースイベントへの参加を行なう予定です」と宣言している。

群雄割拠のGT300クラスをはじめ、2019年の日本のトップレースシーンでは“チームゴウ”の活躍が大きな注目を集めることになりそうだ。

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集