メルセデスベンツがV3達成、VWは3年ぶりの2位浮上 2018年輸入車販売

メルセデスベンツCクラス 改良新型
  • メルセデスベンツCクラス 改良新型
  • 新型Aクラス発表会でプレゼンするメルセデスベンツ日本の上野金太郎社長
  • メルセデスベンツAクラス新型
  • VWポロ

日本自動車輸入組合は1月10日、2018年(1~12月)のブランド別輸入車新規登録台数を発表。メルセデスベンツが前年比1.0%減ながら6万7554台を販売し、4年連続トップとなった。

メルセデスベンツは2018年、年初より続々と新型モデルを国内市場に投入。7月に発表した『Cクラス』に加え、ブランド初の対話型インフォテインメントシステムを搭載した『Aクラス』が特に好調だった。

フォルクスワーゲンは、8年ぶりにフルモデルチェンジした新型『ポロ』などが好調で、同6.0%増の5万1961台と、2年連続のプラス。3年ぶりに2位の座を獲得。BMWは同2.9%減の5万0982台、4年ぶりのマイナスで3位転落となった。

2018年の輸入車販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り。[]内は前年順位、()内は前年比。

1位[1位]:メルセデスベンツ 6万7554台(1.0%減・9年ぶり減)
2位[3位]:フォルクスワーゲン 5万1961台(6.0%増・2年連続増)
3位[2位]:BMW 5万0982台(2.9%減・4年ぶり減)
4位[4位]:アウディ 2万6473台(6.6%減・4年連続減)
5位[5位]:MINI 2万5984台(2.2%増・9年連続増)
6位[6位]:ボルボ 1万7805台(10.5%増・4年連続増)
7位[7位]:ジープ 1万1438台(13.2%増・4年連続増)
8位[8位]:プジョー 9881台(19.9%増・9年連続増)
9位[9位]:ルノー 7253台(1.9%増・9年連続増)
10位[10位]:ポルシェ 7166台(3.5%増・9年連続増)

なお、2018年の輸入車新規登録台数(外国車メーカー)は同1.1%増の30万9405台で3年連続のプラスとなった。日本メーカー車の輸入車新規登録台数は同26.5%増の5万6861台で2年ぶりのプラス。これを合わせた合計では、同4.3%増の36万6266台で3年連続のプラスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集