【マツダ車オブザ平成】2位は ロードスター、1位は…読者アンケート結果

1位:RX-7(1991年、FD)
  • 1位:RX-7(1991年、FD)
  • 1位:RX-7(1991年、FD)
  • 1位:RX-7(1991年、FD)
  • 1位:RX-7(1991年、FD)
  • 1位:RX-7(1991年、FD)
  • 1位:RX-7(1991年、FD)
  • 2位:ロードスター(1989年)
  • 2位:ロードスター(1989年)

「平成」最後の年が明けました。『レスポンス』読者の記憶に残る平成のマツダは何でしょうか。読者投票で「マツダ車オブザ平成」を決めました。「平成にはこういうマツダ車があったよねえ」「それな」と盛り上がってください。

読者の思い出、思い入れ、思い込みたっぷりのマツダは……

1位:RX-7(1991年、FD)・得票率:41.0%
次点:ユーノス・ロードスター(1989年、ロードスター初代)

……でした。個性的な車の多いマツダですが、投票ではほぼこれらの2車種に絞られてしまいました。1位は『RX-7』(1991年、FD)、得票率0.2%差で初代『ロードスター』(1989年)が2位でした。2車種で81.8%の得票を占めています。まあ、納得ですね。

3位は『ランティス』(1993年)。セダン(4ドア)とクーペ(5ドア)でデザインが大きく異なるモデルでしたが、1車種としました。4位はロータリースポーツ継承車の『RX-8』(2003年)、5位は「オートザム」ブランドから発売されたガルウィング軽スポーツ、『AZ-1』(1992年)。

■各社の最終投票結果を公表中■

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集