【ホンダ インサイト 新型】EXブラックスタイル[詳細画像]

インサイトEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル
  • ホンダ・インサイトEX(シルバー)とEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル
  • インサイトEXブラックスタイル

ホンダが12月14日に発売した新型ハイブリッド車『インサイト』。ラインナップはエントリー仕様の「LX」、レインジ中核の「EX」、そして上級装備の「EX・BLACK STYLE」(EXブラックスタイル)の3タイプで構成される。

エンジン:1.5リットルDOHCi-VTEC+i-MMD、トランスミッション:電気式無段変速機、駆動レイアウト:FFは3タイプで共有。

違いは主に内装で、シート素材がLXはファブリック、EXがプライムスムース×ファブリックのコンビ、EXブラックスタイルが本革(一部に合成皮革)×ウルトラスエードのコンビとなる。EXには本革レザーシートがオプションで選べる。助手席インストルメントパネル表皮も車両タイプで異なり、LXとEXがプライムスムース、上級仕様のEXブラックスタイルはウルトラスエードとなる。

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は全タイプで標準装備。

全国メーカー希望小売価格(消費税8%込み)はLXが326万1600円、EXが349万9200円、EXブラックスタイルが362万8800円だ。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ インサイト 新型】環境車から本質的な車への脱皮を図る[詳細画像] 画像 【ホンダ インサイト 新型】環境車から本質的な車への脱皮を図る[詳細画像]
  • 【ホンダ インサイト 新型】ホンダアクセス、各種純正アクセサリーを発売 画像 【ホンダ インサイト 新型】ホンダアクセス、各種純正アクセサリーを発売
  • 【ホンダ インサイト 新型】モーターに重希土類完全フリーネオジム磁石を採用 画像 【ホンダ インサイト 新型】モーターに重希土類完全フリーネオジム磁石を採用
  • 「ヤマハ初のハイブリッド」開発者に聞いた…鉛電池、アジア専用、そのねらいは?ホンダとの違いは? 画像 「ヤマハ初のハイブリッド」開発者に聞いた…鉛電池、アジア専用、そのねらいは?ホンダとの違いは?

特集