三菱 アウトランダー、6年連続で最高の安全性評価…米IIHS

三菱 アウトランダーの2019年モデル
  • 三菱 アウトランダーの2019年モデル
  • 三菱 アウトランダーの2019年モデル

三菱自動車の米国部門は12月19日、『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)の2019年モデルが、米国IIHS(道路安全保険協会)から「2019トップセーフティピック」に認定されたと発表した。

IIHSの「2019トップセーフティピック」の認定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、運転席側のスモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となるのが条件だ。また、前面衝突予防評価において、「アドバンスド」以上を獲得することも必要になる。

2019年モデルのアウトランダーでは、先進運転支援システム(ADAS)を充実させた。ブラインドスポット警告、リアクロストラフィックアラート、前方衝突軽減、車線逸脱警告、自動ハイビーム、アダプティブクルーズコントロールシステム、レーンチェンジアシストなどを装備した。

2019年モデルのアウトランダーは、IIHSの全ての衝突テストにおいて、最高のGOOD評価を得た。前面衝突予防評価は最高のスーペリア、ヘッドライトの性能評価は「Acceptable」を獲得し、2019トップセーフティピックに認定されている。

三菱自動車の米国部門は、アウトランダーがIIHSから最高の安全性評価を獲得したのは6年連続、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集