【トヨタ プリウス 改良新型】スタイル一新、コネクテッド機能も強化 251万8560円より

トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(ブルーメタリック×幾何学ルーフフィルム)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(内装色:ブラック)
  • トヨタ プリウス Aツーリングセレクション(内装色:ブラック)

トヨタ自動車はハイブリッドカー『プリウス』をマイナーチェンジ、スタイルを一新するとともに、コネクテッド機能・安全性能を強化し、12月17日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、プリウスの特徴である先進的なイメージを継承しつつ、親しみやすく、より知的で洗練された内外装デザインに変更した。

エクステリアでは、グリルやバンパー、ランプ類などの意匠を変更し、踏ん張り感のあるシルエットを実現。17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を、15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用し、奥行き感のあるスタイリッシュなデザインとした。また「ツーリングセレクション」にはブラックの幾何学調ルーフフィルムもオプション設定。インテリアはインストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとした。

また、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供する。専任のオペレーターに24時間365日、口頭で目的地設定や情報検索を依頼できるオペレーターサービスや、リアルタイムな交通情報や地図データなどをもとに、より最適なルートを探索し、ナビゲーション車載機に配信するハイブリッドナビ機能などが利用可能。さらに、LINEにマイカーを“友達"として追加設定することで、ナビゲーションの目的地登録や航続可能距離が確認できる「LINEマイカーアカウント」を設定した。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備したほか、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促すリヤクロストラフィックアラートを新たに設定。おくだけ充電(ワイヤレス充電)のスペースを拡大し大型スマートフォンにも対応したほか、吸い込み方式のシートベンチレーションを前席に採用するなど、安全性・快適性も高めた。

ボディカラーは鮮やかなブルーメタリックとエモーショナルレッドIIを新たに加え、全9色を設定。価格は251万8560円から347万8680円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 北米初のトヨタ プリウス 4WD登場! 日本仕様とフロアが違う理由は?…ロサンゼルスモーターショー2018 画像 北米初のトヨタ プリウス 4WD登場! 日本仕様とフロアが違う理由は?…ロサンゼルスモーターショー2018
  • トヨタ プリウス 2019年モデル、賛否あった「顔」のデザインが変わった…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像] 画像 トヨタ プリウス 2019年モデル、賛否あった「顔」のデザインが変わった…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像]
  • 【ホンダ インサイト 新型】上質な走りと低燃費を両立したミドルセダン 画像 【ホンダ インサイト 新型】上質な走りと低燃費を両立したミドルセダン
  • 【ホンダ インサイト 新型】燃費はWLTCモードで28.4km/リットル…2モーターHVは第3世代に 画像 【ホンダ インサイト 新型】燃費はWLTCモードで28.4km/リットル…2モーターHVは第3世代に

特集