XC40 は新しい価値を創造した…太田哲也【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」はボルボ『XC40』が選出された(7日、主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。XC40に満点の10点を投じた選考委員のひとりが太田哲也氏だ。

日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントによると太田氏は、「小型SUVだが、プレミアムな走行性能と作りで新しい価値を創造したこと」を理由に、XC40をイヤーカーに推した。

太田氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・カローラスポーツ:2点
三菱エクリプスクロス:2点
アルファロメオ・ステルヴィオ:3点
ボルボXC40:10点
フォルクスワーゲン・ポロ:8点

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、ボルボXC40が363点でイヤーカーに選ばれた。次点はトヨタ『カローラスポーツ』の314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集