基本性能を追い求めた クラウン…木下隆之【日本カーオブザイヤー2018-19】

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の木下隆之氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された木下氏のコメント。

☆☆☆

高級セダンとしての上質な完成度はもちろんのこと、ボディ剛性を高め、低重心化や重心のセンターへの集中など、走行性能に直結する基本性能を追い求めた点を高く評価しました。

☆☆☆

木下氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・クラウン:10点
三菱エクリプスクロス:3点
アルファロメオ・ステルヴィオ:8点
ボルボXC40:2点
フォルクスワーゲン・ポロ:2点

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース