【レクサス UX】先読みエコドライブ機能と連携するカーナビ、アイシンAWとトヨタが共同開発

レクサスUX
  • レクサスUX
  • レクサスUX
  • レクサスUX
  • 先読みエコドライブ機能

アイシン・エイ・ダブリュは12月6日、トヨタ自動車と共同開発した「先読みエコドライブ機能」と連携する最新カーナビゲーションが、レクサス『UX』に搭載されたと発表した。

先読みエコドライブ機能は、カーナビがこれから走る道路上の情報を先読みし、その情報をもとにハイブリッドシステムが効率的にバッテリーの充放電を制御することで、実用燃費を向上。これにより、ドライバーがエコドライブを意識した運転をしなくても効率的な走りにより高い環境性能を実現している。

具体的には走行時に充電が期待できる下り坂がある場合、下り坂に到達する前からEV走行を積極的に行い、下り坂で効率良く充電。また、バッテリー残量を使い切ってしまう渋滞がこの先に予測される場合、渋滞に到達する前から積極的に充電を行い、渋滞時の強制的な充電の頻度を減らす。これらの制御により実用燃費の向上に貢献する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集