トヨタ カローラスポーツ、予防安全性能評価で最高得点 2018年度前期JNCAP

トヨタ カローラスポーツ
  • トヨタ カローラスポーツ
  • 三菱エクリプスクロス

自動車事故対策機構(NASVA)と国土交通省が発表した2018年度前期のJNCAP自動車アセスメントの結果によると、トヨタ『カローラスポーツ』が予防安全性能評価で最高得点を獲得した。

JNCAP自動車アセスメントは、NASVAと国土交通省が自動車の安全性能を評価し、結果を公表する制度。予防安全性能評価は「被害軽減ブレーキ」、「車線逸脱抑制装置」、「後方視界情報提供装置」、今年度から新規追加された「被害軽減ブレーキ(夜間街灯あり)」、「高機能前照灯」、「踏み間違い加速抑制」での評価スコアを基に3段階の総合評価を行った。

カローラスポーツは、新項目「被害軽減ブレーキ(夜間街灯あり)」と「踏み間違い加速抑制」で満点を獲得。トータル122.4点(126点満点)で、予防安全性能評価で最高得点となった。カローラスポーツのほか、スズキ『ソリオ/ソリオバンディット』(三菱『デリカD:2/同カスタム』)、スバル『フォレスター』、ホンダ『N-VAN』、マツダ『アテンザ』、三菱『eKスペース』(日産『デイズルークス』)の計6車種が最高評価のファイブスター(★★★★★)賞を獲得した。

一方、衝突安全性能評価は、自動車の総合的な衝突安全性能を評価するもので、「乗員保護」、「歩行者保護」、「座席ベルトの非装着時警報装置」の3項目での評価スコアを基に5段階の総合評価を実施。三菱『エクリプスクロス』が89.7点(100点満点)で最高得点を獲得。そのほか評価試験を受けたトヨタ『カムリ』(ダイハツ アルティス)、スズキ『クロスビー』、ホンダ『オデッセイ』、4車種すべてが最高評価のファイブスター(★★★★★)賞を獲得した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱 RVR、予防安全技術「e-Assist」の採用グレード拡大 画像 三菱 RVR、予防安全技術「e-Assist」の採用グレード拡大
  • レクサス、フラッグシップモデルを一部改良…LS は最新予防安全パッケージ装備、LCは乗り心地向上 画像 レクサス、フラッグシップモデルを一部改良…LS は最新予防安全パッケージ装備、LCは乗り心地向上
  • 三菱 デリカD:2、予防安全性能向上で全車「サポカーSワイド」に該当 画像 三菱 デリカD:2、予防安全性能向上で全車「サポカーSワイド」に該当
  • スズキ、ソリオ/ソリオ バンディット を一部改良 予防安全技術を強化 画像 スズキ、ソリオ/ソリオ バンディット を一部改良 予防安全技術を強化

特集