アウディ Q7 改良新型、生産仕様のプロトタイプを目撃…テールライトも露出

アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真
  • アウディ Q7 改良新型スクープ写真

アウディの高級クロスオーバーSUV、『Q7』の改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。先日捉えた開発車両は、一部に現行モデルのパーツを装着していたが、今回はいくつかの市販型パーツを見ることができる。

フロントマスクでは、新グラフィックのヘッドライトや縦スラットが配置された新グリルにくわえ、新たにメッシュのコーナーエアインテークが見て取れる。リアビューでは、予想どおりテールライトが刷新されている。微妙に異なるが、兄貴分『Q8』のように小さなLEDを多数並べたタイプとなっている。

さらに、バンパー内に配置されたスクエア基調のツインエキゾーストパイプも市販型の可能性が高い。また、左右テールライトの間に水平ラインが走っているように見える。これが『e-tron』のようなLEDライトストリップなのか、『A6アバント』のような金属製なのか気になる所だ。

パワートレインは、3リットルV型6気筒ディーゼルターボ、最高出力333psを発揮する3リットルV型6気筒ガソリンスーパーチャージャー、最高出力373psを発揮する3リットルV型6気筒ディーゼルターボ+電気モーターのプラグインハイブリッドなどがキャリーオーバーされる見込みだ。改良新型では、エクステリアとコックピットの刷新がメインとなる。

そのコックピットには、フラッグシップSUV『Q8』と酷似するデザインが予想されている。「MMIタッチレスポンス」を搭載し、2つの大型ディスプレイを装備。上部10.1インチディスプレイは、インフォテインメントとナビゲーションシステム用、下部の8.6インチディスプレイは、空調や機能、テキスト入力に使用する。

ワールドプレミアは、2019年内には行われるだろう。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集