アウディ Q2 にEV、「e-tron」…2019年に発売へ

アウディ Q2 L e-tron。左はアウディ初の市販EVのe-tron
  • アウディ Q2 L e-tron。左はアウディ初の市販EVのe-tron

アウディは11月19日、「Q2」にEVバージョンの『Q2 L e-tron』(Audi Q2 L e-tron)を設定し、2019年に発売すると発表した。

Q2は、『Q7』、『Q5』、『Q3』とラインナップを拡大してきたアウディのSUVファミリー、「Qモデル」の入門車だ。ボディサイズは全長4191mm、全幅1794mm、全高1508mm、ホイールベース2595mmのコンパクトSUVになる。日本市場にも導入されており、価格は299万円からだ。

アウディは今回、このQ2にEVバージョンのQ2 L e-tronを設定し、2019年に発売すると発表した。アウディは2018年9月、ブランド初の市販EVのアウディ『e-tron』(Audi e-tron)を発表している。Q2 L e-tronは、このe-tronに続くアウディ第2の市販EVとなる。

なおアウディは、Q2 L e-tronの画像を1点公開した。通常のQ2に対して、フロントバンパーのデザインが若干異なっているのが見て取れる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集