世界初のプラグイン燃料電池車、メルセデスベンツが欧州で発売…GLC ベース

メルセデスベンツは11月13日、燃料電池車の『GLC F-CELL』(Mercedes-Benz GLC F-Cell)を欧州市場で発売した。

同車は、メルセデスベンツの主力SUV、『GLC』をベースに開発された燃料電池車だ。GLC F-CELLの大きな特徴は、世界初の外部充電が可能なプラグイン機能付きの燃料電池車という点にある。バッテリーは、家庭および充電ステーションで充電できる。フル充電に要する時間は、およそ1時間30分となる。

モーターは、最大出力211hpを発生する。バッテリーは、蓄電容量13.7kWhのリチウムイオンバッテリーで、車体後部に搭載した。最大51kmのゼロエミッション走行を可能にする。

また、2本の水素タンクは床下に配置した。強固なカーボンファイバー製のタンクには、およそ4.4kgの水素が700バールの高圧で充填される。水素の充填に要する時間は、およそ3分だ。51kmのEVモードに加えて、水素と酸素で発電することにより、GLC F-CELLは最大およそ480kmの航続を可能にしている。

GLC F-CELLには、「ハイブリッド」、「F-CELL」、「バッテリー」、「充電」の4つの走行モードを持つ。すべての走行モードで、システムはエネルギー回収機能を備えており、ブレーキ時や惰性走行中にエネルギーを回収し、バッテリーに蓄えることができる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタの「モバイルピザ工場」、ミライの燃料電池パワートレインをタンドラに移植…SEMA 2018 画像 トヨタの「モバイルピザ工場」、ミライの燃料電池パワートレインをタンドラに移植…SEMA 2018
  • ホンダ、新型プラグインハイブリッド『クラリティPHEV』発売 588万0600円 画像 ホンダ、新型プラグインハイブリッド『クラリティPHEV』発売 588万0600円
  • VW、次世代の燃料電池車向け技術を開発…大幅なコスト削減が可能に 画像 VW、次世代の燃料電池車向け技術を開発…大幅なコスト削減が可能に
  • アウディとヒュンダイ、燃料電池技術の分野における提携で合意 画像 アウディとヒュンダイ、燃料電池技術の分野における提携で合意

特集

おすすめのニュース