レクサス ES 新型を早くもカスタマイズ、テーマは「ワイン愛好家」…SEMA 2018で発表へ

レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー
  • レクサスES新型のカスタムカー

レクサスは10月29日、米国ラスベガスで10月30日(日本時間10月31日未明)に開幕するSEMAショー2018において、新型『ES』(Lexus ES)のカスタムカーを初公開すると発表した。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタムカーのイベント。レクサスは今年のSEMAショーにおいて、日本市場にも導入されたばかりの新型ESのカスタムカーを初公開する。

SEMAショー2018で初公開予定の新型ESのカスタムカーでは、「F SPORT」をベースに、「ワイン愛好家」をテーマにしたカスタマイズを提案する。シグネチャーメタリックレッドのボディカラーは、赤ワインを連想させる色とした。

トランク内には、ワインセラーをはじめ、ワインボトルホルダーとワイングラスホルダーをワンオフで製作した。ワイングラスはレクサスのロゴ入りで、ワインセラーは上質なオークウッドで仕立てる。

エクステリアには、「Artisan Spirit」のエアロキットを装着しており、フロントリップスポイラー、サイドスカート、トランクスポイラー、リアアンダースポイラーなどをセットした。足元はレイズ製の20インチホイールで引き締めた。タイヤはミシュランの「パイロットスポーツ4S」を組み合わせている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集